株式会社 神明アグリイノベーション

  • 農村を彩る水田や畑、食卓に並ぶごはんと野菜
  • あたりまえだった日本の光景は
  • すでに、あたりまえではないのかもしれません
  • 高齢化、環境負荷、耕作放棄、価格競争…
  • 農業を取り巻く様々な課題に対して
  • 真摯に向き合わなければいけません
  • 日本の農業を守り続けてきた自負と
  • 積み重ねてきた知恵と経験で
  • 明日のための、新しい農業の仕組みをつくります
  • 誰もが農業を始め、続けることができるように
  • 生産、流通、販売を一体化させた新しい農業
  • 無限の可能性に満ちたこの耕地で
  • 育てるのは未来の農業を担う人材です
  • これからの、
  • あたらしい農業の
  • かたちを。
未来を耕せ 次世代農業者募集 未来を耕せ 次世代農業者募集 「特集」研修生インタビュー 市役所で「運命」に出合ったキックボクサー(1Round)(2Round) 第1期研修生 山﨑 雅也 「特集」研修生インタビュー 市役所で「運命」に出合ったキックボクサー(1Round)(2Round) 第1期研修生 山﨑 雅也 【第一期研修生】鈴木さん×藤倉さん 対談インタビュー「オレたち! 次世代農業者」 【第一期研修生】鈴木さん×藤倉さん 対談インタビュー「オレたち! 次世代農業者」

事業内容

食卓にのぼるごはんと野菜は
あたりまえの光景ではない

新規就農者を増やすために

新規就農者の増加と育成を目的とし、達成のため、新規就農者の募集と支援、また起業から独立、独立後の運営に至るまで、全てのサポートを行なっていきます。新規就農者を「次世代農業者」として、次代の農業をリードする人材に育成し、農業が抱える様々な課題に対応していくことを目指しています。

次世代農業者とは

これまでの農業の常識にとらわれない柔軟な思考と確かな経営感覚を持って「採算性の高い農業」を実践する、これからの農業の課題に向き合える素養を持った農業者、それが私たちが考える目指すべき「次世代農業者」の姿です。

新規就農者が直面する課題をサポート

「耕作地に即した生産ノウハウの欠如」「資金調達」「地域社会とのコネクション不足」。これらが新規就農者が直面する主な課題です。これまではこれらに対し、独力で解決に当たることが多く、就農の継続を困難なものにしていました。神明アグリイノベーションでは、ゼロからの就農にも関わらず、すでに成功を収めている先輩プロ農家のもとで経験を積むことで、就農地域に合った栽培技術や地域のルールを受け継ぐことができます。また、農地の確保や独立のための資金調達・資格取得をサポート、これにより、採用者の就農を安定した基盤の上で導いていきます。

「採算性の高い農業=もうかる農業」を可能にし
安定して「継続できる農業」を実現する

これからの、
あたらしい農業の
かたちを。

会社概要

  • 社名株式会社 神明アグリイノベーション
  • 所在地〒347-0005 埼玉県加須市下樋遣川408
  • 取締役会長市川 治郎
  • 代表取締役社長互 泰行
  • 資本金1,000万円(2023年9月1日現在)
  • 主な事業農業技術・農業経営者・人材の育成、サポート

農業者であり、経営者に